FC2ブログ
札幌の演劇の活性化を目指します。このブログでは公演情報の他、劇場からのお知らせなどを発信します。

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 鳥取の鳥の劇場さんからのご案内です。
 2010年2月に鳥の劇場で上演する劇団を全国公募しています。
 鳥の劇場さんについては、ホームページにこれまでの活動についてや劇場についての資料があります。
 応募するしないは置いておいて、劇団の活動についていろいろ考えるきっかけを与えてくれると思います。一度覗いてみてください。

                                             (小室明子)

以下、公募の詳細と案内文です。
チラシはコンカリーニョにもございます。
 鳥の劇場は鳥取県鳥取市鹿野町の廃校になった学校と幼稚園を劇場に改造して、演劇活動、劇場運営を行う民間の芸術団体です。鳥の劇場という名前は、劇団名でもあり、場の名前でもあります。創作活動を中心にすえて県外や海外でも上演する一方、招聘事業や教育普及事業も併行させ、「公共の場」としての劇場の姿を手探りしています。
 私たちは、2006年から少しずつ自分たちの手で劇場を作り、お客さんとの関係も作ってきました。それを土台に、「その場」、「その観客」に、自分たちの作品を通じて出会い、何かを試したい、と考えてくれる劇団があれば、是非来てもらい、上演してもらいたい。我々の劇場をいろいろな新しいエネルギーのための現場としたい。そんな思いで、この企画を考えました。
 劇場は舞台が12メートル角、天井高も12メートル、客席は9列で200席弱、真っ黒な空間です。客席数80の小さい空間もあります。観客は若い方から年配の方までまんべんなく、いわゆる演劇好きが集まる都市部の客層とは全く違います。
 「呼ばれたから行く」のではなく、「やりたいから行く」という劇団の方たちに来てもらい、いっしょに仕事をするのが私たちの望みです。滞在中の宿泊と食事は、基本的に鳥の劇場が用意します。上演料などはありませんが、移動などの経費を一部負担させていただきます。低予算の企画ですが、気合いを入れてお迎えします。次年度以降、来ていただいた劇団の方と共同製作や滞在製作に発展させられたらという思いもあります。「やりたい」と思われる劇団の方は、必要書類を是非ご送付ください。


【上演予定日】2010年2月20日(土)・21日(日)か、2010年2月27日(土)・28日(日)
         (仕込みとリハーサルは本番前の2日)

【必要書類】 ・志望の動機、思い
         ・劇団を紹介する資料 
         ・上演したい作品の映像資料
【送付先】 〒689-0405 鳥取県鳥取市鹿野町鹿野1812-1
【応募締切】 2009年6月15日
【問い合わせ】TEL.0857-84-3268   info@birdtheatre.org
【結果発表】 2009年6月30日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。