FC2ブログ
札幌の演劇の活性化を目指します。このブログでは公演情報の他、劇場からのお知らせなどを発信します。

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シェイクスピアを英語でしゃべろう」

藤女子大学・英語文化学科主催 社会人オープン講座「シェイクスピアを英語でしゃべろう」  本学英語文化学科では2009年から春と秋の2回社会人オープン講座を学科主催で開催することになりました。対象は学生をのぞく社会人の方です。退職された方、主婦の方も歓迎します。参加は無料です。

 なかなか大学との接点を見いだしにくい一般社会人の方にアカデミズムの世界とふれあう機会を提供したい、大学とコミュニティーの親しい関係を築きたいという気持ちで始めました。

 今年は本学教授の平松哲司が「シェイクスピアを英語でしゃべろう」というゼミを担当することになりました。将来は複数の講座を提供したいと考えています。

 

 以下、応募要項です。

応募要項


(1)内容  シェイクスピアのThe Merchant of Venice 「ヴェニスの商人」を日本語注つきのテキストを使って英語で読み、さらに大きな声で台詞をしゃべります。今回は4幕の法廷のシーンのみを扱いますのでご承知おき下さい。当然ポーシャとシャイロックが中心になります。受講者の方は事前に日本語訳を図書館で借りるなり、文庫本を買うなりして読んで、法廷の場に至る流れを把握しておいてください。英語テキストはプリントしたものをゼミの始まる前に受講者の方に郵送しますのでご心配いりません。

(2)資格  学生(中・高校生、大学生、専門学校生など)を除く社会人が対象です。退職なされた方、主婦の方大歓迎です。できるだけ幅広い年齢層の方が応募してくださると配役の点で助かります。演劇の経験の全くない方を対象にしていますので気楽に参加してください。特に男性の方歓迎します。女子大学のせいで女性の希望者が多いと予想されますので。

(3)時間、場所、回数など  1講座は6週間からなり、毎木曜日に1回90分の授業をゼミ形式で行います。時間は午後6:00〜7:30、場所は藤女子大学16条キャンパス556教室です。今回募集の春の講座のスケジュールは次のとおりです。

  5月21日、28日、6月4日、11日、18日、25日

(4)定員  20人程度。最小開講人数5人程度。応募者が多いときは性別、年齢などをもとにバランスを考慮して選抜します。

(5)料金  無料です。

(6)申し込み・問い合わせ  申し込み期間は5月8日(金)までです。8日消印有効とします。葉書かEmailで受講希望の旨を書き、必ず姓名、現住所、電話番号、Emailアドレス(ある場合)、性別、年齢を書いて、下記に送ってください。問い合わせ先も同じです。

  1. 郵送の場合  001—0016 札幌市北区北16条西2丁目 藤女子大学・文学部 英語文化学科 平松哲司研究室 
  2. Emailの場合  hirmtsu@fujijoshi.ac.jp 平松哲司

電話での問い合わせは平松研究室736-5329にお願いします。不在の場合は英語文化学科研究室にお電話ください。番号は736-5306です。

 受講者に選ばれた方には受講票を郵送します。受講票の発送をもって受講資格認定の通知としますので、受付締め切り後1週間程度内に通知がない場合は選抜にもれたとご理解ください。
 このゼミのためのブログがあります。過去のゼミの模様を知りたい方は「シェイクスピアを英語でしゃべろう」http://shake-speare.blog.so-net.ne.jpにアクセスしてください。 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。