札幌の演劇の活性化を目指します。このブログでは公演情報の他、劇場からのお知らせなどを発信します。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月5日に行われる「札幌劇場祭大賞 公開審査会および表彰式」に合わせ、
演劇の未来について考える特別フォーラムが開催されます。

参加無料ですが、入場には整理券が必要となります。
定員になり次第締め切りとなりますので、ご希望の方はお早めに整理券をお求めください。
札幌劇場祭に参加する各劇場にて配布中です。
※17:00からの公開審査会&表彰式への参加は別途、整理券が必要となります。

**********

特別フォーラム「芸術立国論から十年、演劇の未来」

第1部:講演 平田オリザ(劇作家・演出家、大阪大学大学院教授、内閣官房参与)
第2部:対談 平田オリザ、上田文雄札幌市長

日時:12月5日(日)14:00~16:30 ※開場13:30
会場:cube garden(中央区北2東3)


整理券配布場所
・コンカリーニョ
・PATOS
・BLOCH
・シアターZOO
・札幌市教育文化会館
・こぐま座
・やまびこ座
・サンピアザ劇場
・cube garden

電話、mailでのお申し込みは、北海道演劇財団まで(011-520-0710 office@h-paf.ne.jp)



主催:札幌劇場連絡会、さっぽろアートステージ実行委員会、北海道演劇財団
共催:演劇による創造都市札幌実現プロジェクト

平成22年度 文化庁優れた劇場・音楽堂からの創造発信事業
スポンサーサイト
次世代映画スキル・マスターコース2010


映画を作りたい人、大募集。
映画に出たい人も、大募集。

第一線で活躍中のあの本広監督と一緒に映画を作るワークショップを札幌で開催します!
数々の大ヒット映画を手がけてきた安藤親広プロデューサーの講義あり、本広監督の舞台Fabrica の脚本を手掛けた
東京タンバリン高井代表のワークショップあり、本気で映画をやりたい方には涙モノの企画です。
作りたい方12 名、出たい方12 名、合わせてたった24 名のみの募集です。
世界でもここ札幌だけの映画ワークショップに参加して、現役映画人と出会える大チャンスをモノにしませんか?

日程:2010年8月23日(月)~9月1日(水)
時間:10時00分 ~ 17時00分
会場:インタークロス・クリエイティブ・センター
(札幌市豊平区豊平1条12丁目1-12)
講師:(株)ロボット 本広克行(映画監督)
安藤親広(プロデューサー)
東京タンバリン 高井浩子(代表)
永井秀樹(役者)
青海衣央里(役者)
人数:24名(制作コース12名、演技コース12名)
料金:31,500円

■8/22(日)
・個人面接
■8/23(月)
・東京タンバリンワークショップ
■8/24(火)
・講義:脚本作りについて
・3チーム分け(制作4名、役者4名)
■8/25(水)
・各チーム脚本作り
■8/26(木)
・講義:映画とは?
■8/27(金)
・脚本作り
■8/28(土)
・リハーサル
・制作:撮影準備、役者:役作り
■8/29(日),8/30(月)
・撮影
■8/31(火)
・制作:編集
・役者:舞台稽古
■9/1(水)
・上映会、舞台発表
・講評

▽本広克行▽
映画監督/株式会社ロボット
映画: 曲がれ!スプーン、 少林少女、7 月7 日、晴れ
UDON、サマータイムマシン・ブルース ほか
舞台: Fabrica

▽高井浩子▽
演出・脚本家/東京タンバリン
脚本: 食堂かたつむり(映画)、Fabrica(舞台)
作・演出:ゼロから始める、雨のにおい、静かな爆 ほか

主催: 一般社団法人 札幌•北海道コンテンツ戦略機構
共催: NPO 法人 北海道映像産業振興連盟
協力: インタークロス・クリエイティブ・センター

応募〆切り:7月31日(抽選)

<申込み•お問い合わせ先>
㈳札幌・北海道コンテンツ戦略機構(担当:武藤、山口)
〒062-0901 札幌市豊平区豊平1条12丁目1-12インタークロス・クリエイティブ・センター220B
TEL : 011-805-1200 / FAX 011-805-2240 / Email : all@shocs.jp


<応募〆切り:7月31日>となっておりますが、急なご案内ですので、
締切後でも、ご連絡を頂ければ相談に応じます。
映画業界に携わりたい方は、ぜひこの機会にご応募ください。


マスターコース2010チラシ表.pdf
マスターコース2010チラシ裏.pdf
応募フォーム.xls

コンカリーニョ講座事業「劇をつくるということ」第2期開講、講座生募集

劇場コンカリーニョと劇団イナダ組とタッグを組んで、2010年4月末の発表公演「したい女、したくない男」の上演を持ちまして、第1期を無事終了した演劇講座。好評につき、第2期を開講します。

講師:イナダ、納谷真大ほか プロデューサー:斎藤ちず
講座期間:2010年8月~2011年4月
発表公演は、2011年4月生活支援型文化施設コンカリーニョで予定しています。
応募〆切:7月20日 

【参加資格】18歳以上40歳くらいまで、経験・未経験を問わず、劇づくりに興味のあるキャスト志望・スタッフ(脚本家、演出、制作ほか)志望を広く募集し、7月のオーディションを経て、参加者を決定します。
【募集人数】キャスト20名程度 スタッフ10名程度
【募集期間】2010年6月1日(火)〜 7月20日(火)
【参加費】月額1万円、別途公演準備金が必要になります。

【期間】2010年8月~2011年4月
【カリキュラム】週1~2回、1回3~5時間
8~10月 演技の基礎
11~1月 演技の応用と上演作品の台本づくり
2~4月 上演に向けての創作から制作までの全般ノウハウ

★説明会およびワークショップ・オーディション
【日時】2010年7月24日(土) 14:00〜17:30
【会場】ターミナルプラザことにパトス
(札幌市西区琴似1条4丁目地下鉄琴似駅B2F)
【参加費】3,000円
【概要】 14:00~14:30 説明会
14:30~17:30 ワークショップ兼オーディション
※オーディションの結果発表は、翌日を予定しています。

【申込方法】下記事項をご記載の上、コンカリーニョまでメールでお申し込み下さい。
・氏名、年齢、職業
・住所、電話番号、FAXあるいはメールアドレス
・キャスト志望か、スタッフ志望か(具体的な志望セクションがあったら、それも明記)
・志望理由
・ご質問等、何かあればどうぞ
コンカリーニョへのメールは、HP右上の[予約]をクリック、メールフォームからお願いします。
FAX申し込みも可 FAX:011-615-4866

【問合せ先】011-615-4859(コンカリーニョ 斎藤)
演劇集合体マキニウム「誰にでもできる演技 あなたにしかできない演技」
2010年第2弾ワークショップ



演劇集合体マキニウムでは、登場人物をリアルに生き、魅力的な俳優になるための“マキニウム式”表現法のワークショップを行います。

※場所はすべて、演劇集合体マキニウム稽古場(地下鉄東豊線元町駅すぐ、札幌市東区北25条東16丁目ステラ元町ビル3階) となります。
※参加費は、記載のあるもの以外は 1,400円 です。
※定員は各10名(定員になり次第締め切らせていただきます)です。
※申込締切日は各ワークショップ開催の3日前です。
※問い合わせ・お申し込みは、090-9437-6624(金子)もしくはmakinium2000@yahoo.co.jpまでお寄せ下さい。お申し込みの際は、1、氏名 2、年齢 3、性別 4、電話番号 5、メールアドレスをお伝え下さい。

※演劇集合体マキニウムホームページ
http://makinium.web.fc2.com/

■5月22日(土)
・午後6時半~午後8時半 「はじめての演劇」~役を演じるってこんなにおもしろい
・午後6時半~午後9時半 「極める」朗読・読み聞かせワークショップ

■5月23日(日) 
・午後4時半~午後6時半 セリフ覚えのワークショップ<1,200円>
・午後1時~午後4時 青春はこれからだ!「シニアの演劇」ワークショップ

■5月28日(金)
・午後7時~午後9時 「極める」朗読・読み聞かせワークショップ<1,200円>

■5月29日(土) 
・午後6時半~午後9時半 マキニウム「音の演技法の基本」ワークショップ

■6月5日(土)
・午後6時~午後10時 「音の演技法“体験編”」ワークショップ<1,800円>

■6月6日(日)
・午後2時~午後5時 演劇を使ったコミュニケーションワークショップ

みなさまのお越しを、お待ちしております。

山下澄人のする劇のワークショップ
「FICTIONの方法」in札幌
参加者募集中!

2010ws-s-front_20100405110223.jpg     2010ws-s-back2_20100405110223.jpg

ありとあらゆる人が、ありとあらゆる人のまま舞台に「立つ」ということが当たり前のように劇に起これば、メロディーの良さや演奏のうまさだけが音楽ではないというのと同じ地点に、対象をどれだけ正確にうつしとれるかということだけが絵ではないというのと同じ地点に、たくみでうつくしい文章を書くのが小説や詩ではないというのと同じ地点に劇が立つ。少しの勇気と、いくつかの暇のある人、お待ちしています。
FICTION 山下澄人

■山下澄人プロフィール
FICTION主宰。FICTION全作品の作・演出を担当。06年『「はえ」と云ふ名の店』、07年「石のうら」で2年連続シアターZOO提携公演[Re:Z]年間大賞受賞。05年に初監督作品「ON THE ROCK」を発表。その他「真夜中」や「文學界」等にエッセイを執筆。

■FICTIONホームページ
http://www.fiction.gr.jp/

  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。